集大成将棋(あんちっく) 斬新で面白い変則将棋!

集大成将棋は古将棋&現代将棋&海外将棋&変則将棋の集大成!!斬新で面白い変則将棋です。(あんちっく)

【本将棋の歴史】(5)『小将棋』

【本将棋の歴史】(5)『小将棋』

【本将棋の歴史】(5)『小将棋』
 著:あんちっく

『平安将棋』完成→『小将棋』完成→『本将棋』完成
と考えてしまうと、
「『小将棋』考案者は凄いなぁ~」
「『小将棋』のルール見つからないなぁ~」
となると思うのですが、
盤サイズ、初期配置、持ち駒制、酔象削除、
禁手(死駒、二歩、打ち歩詰め、千日手)と
ルールを分解して調査すると、
同一時期にならない事が分かると思います。\(^^;)

そのため、こう考えると分かりやすいです♪(^^)
『平安将棋』未完成→『小将棋』試行錯誤→『本将棋』完成

・『小将棋』に特定の考案者は居ない。
・『小将棋』とは、
 『平安将棋』~『本将棋』の過渡期のものであり、
 多種多様なルールであったと思われる。
・多種多様なルールを試す事で、
 新駒「飛車・角・酔象」導入や
 変則ルール「持ち駒制」導入などが生まれ、
 将棋は進化し、より良いものになった♪d(^^)
 (※「猛豹」なども検討された。)
 (※「酔象」は最終的には無くなった。)
・完成を保留する事で、
 数百年のテストプレイを行う事が出来たので、
 将棋系ゲーム最高峰とも言えるバランス調整が出来た♪(^^)
 (※昔の日本では「完成した後は衰えるだけ」という考えがあり、
  わざと完成を保留にする事も多かった。)

【『小将棋』進化の歴史】(ざっくりですが…)
■盤サイズ
 最終的には9X9盤ですが、
 成立時期は分かりませんでした。(^^;)
 多数出土していれば、
 かなり早い時期から9X9盤であった事が
 証明可能かもしれません♪(^^)
 (当時の流行が分かる書物があれば良いのですが…)

■初期配置&飛車・角行・酔象追加&酔象削除
 日本将棋連盟[日本将棋の歴史]では、
 13世紀に
 『大将棋』の飛車・角行・酔象を取り入れた
 『小将棋』が考案されたとあります。
 「諸象戯図式」(1694年)(該当ページ後述)にて
 「天文年中(1532~1555年)に
  後奈良天皇が日野晴光と伊勢貞孝に命じて、醉象の駒を除かせた」
 とあります。
 「諸象戯図式」には、
 酔象を取り除く前の『小将棋最終形態』と、
 酔象を取り除いた後の『本将棋』の初期配置が記載されています♪
5
『小将棋最終形態』

■持ち駒制
 「普通唱導集」(1300年頃)に
 将棋指しへの追悼文として
 「桂馬を飛ばして銀に替ふ」とあるらしく、
 この時点で駒交換の概念があったと思われます。
 (Wikipedia[将棋]での情報)
 (残念ながら、該当ページ見つからず)
 ちなみに、
 「諸象戯図式」(該当ページ後述)にも、
 「小将棋は新羅百済軍を表すものゆえ、
  駒を殺さず生け捕りにして味方に加える…」
 という文章があります。(^^;)<誤訳心配だけど。
 (新羅百済軍→白村江の戦い?)

■禁手の明文化
 二世名人:大橋宗古(1576~1654)が、
 江戸幕府への献上図式
 「象戯図式」(1636年)(詰将棋作品)(後世俗称:将棋智実)の巻末で、
 禁手(死駒、二歩、打ち歩詰め、千日手)をはじめて明文化。
 (ちなみに、二歩、打ち歩詰めは持ち駒制ありきの禁手ですね♪)
 (一世名人:大橋宗桂の作品にも
 打ち歩詰め回避に詰将棋があるらしく、
 以前より打ち歩詰めのルールはあったみたいです♪)
  ↓
 【該当箇所】
 早稲田大学図書館
 象戯図式 / 宗桂 [著] ; 宗古 増補
 (上記ページの画像をクリックすると、
 HTMLデータのページに飛びます♪
 56~57ページに死駒、二歩、打ち歩詰め、千日手が
 図入りで解説されています♪(^^))
(注:「馬」は「駒」の略記みたいです♪
分かりづらい…(^^;))

【各書物の該当箇所】
■「諸象戯図式」
 全文見つかりませんでしたが、
 該当ページのみ見つかりました♪(^^) 
 なお、著作権が分からなかったので、
 画像掲載は見送っています。
 リンク先より確認してください♪(^^;)
  ↓
 (1)国立国会図書館デジタルコレクションの
   口絵(「諸象戯図式」含む)(PDFデータ) 4ページ目
 (2)国立公文書館
   「諸象戯図式」
   (↑現地へ行き申請すれば全文確認可能かと)


【おまけリンク】
野田市立図書館 将棋関係貴重書目録

国立国会図書館デジタルコレクション
「象棋六種之圖式」コマ番号109~
「和漢三才図絵」コマ番号472~

« »