あんちっく 笑ってしまうほど斬新な総合開発メーカー!

「あんちっく」(ANTIC)は、笑ってしまうほど斬新な総合開発メーカーです。現時点はゲームメーカーです♪

製造委託
<少数生産でカードが日本一安いよ!>
カード54枚税込200円の実力です♪\(^ワ^)<どえりゃ~安いがね♪(名古屋弁全開!)
(カット&梱包含む)(20個以上から80%の税込160円!!)→価格表(2018年4月16日更新)
(注:名刺みたいなカードです。片面は黒ベタ。カードの詳細は後述のとおりです♪(^^;))

(商品例:左「ダイヤの箱」/中「バランスブレイカーズ」/右「Ding」)
(基本サイズを「あんちっく側でカット済み」とすると「Ding」のような仕様となります♪)

<あんちっくカード製造中止のお知らせ>(2018年4月16日更新)
残念ながら刃型に不具合があり、あんちっくカードは製造中止となります。
カードシートは以下の在庫限りとなりますので、ご了承お願いいたします。
【2018年4月16日時点の在庫】
 (1)91X50mm(基本サイズ)(12枚取り):カードシート1万0500枚(注)
 (2)65X44mm(小サイズ)(18枚取り):カードシート1000枚
 (注)基本サイズのものは、刃型に問題があったので、
  「お客様側でカットする」という仕様では使用できません。
  「あんちっく側でカット済み」という仕様でのみ使用できます。
  (折り曲げただけで完全に切り離せない不具合があるので。)
【詳細】
 あんちっくカードの歴史を振り返ると、
 「お客様(お子様含む)側でカットする」という仕様だったので、
 通常のカードよりも、かなり高い技術が必要とされてきました。
 そもそも仕様に無理があったと反省です…。


<開発用のEXCEL(BMP)を公開♪>(とっても簡単♪)
サイズ91X50mm(12枚取り)」(EXCELデータ)→「サイズ91X50mm(1枚分)」(BMPデータ)
サイズ65X44mm(18枚取り)」(EXCELデータ)→「サイズ65X44mm(1枚分)」(BMPデータ)
・黒枠が印刷範囲です♪カードデザイン後は黒枠を消してください♪
・行幅、列幅、行数、列数は変更しないでください。(部分的セルの結合は多分OK♪)
・EXCELをPDF変換したものが印刷データとなります。
 EXCELの編集画面でなくプレビュー画面に近い形で変換されるので、ご注意ください!
・BMPデータでの編集も可能です♪(大きくて扱いにくい場合、縦横比をそのままなら縮小OK♪)
 (BMPデータをEXCELデータに貼り付けると縦横比が微妙に歪みます。
 例えば12枚取りの場合、ビットマップ形式で縦26%横25%に縮小して貼付します。
 よく分からない場合は、あんちっく側で行います。(無料でOKです♪))
・あんちっくのプリンターの個体差、経年劣化&気温などの影響で、
 印刷位置がズレる事もあり、あんちっく側でEXCELの行幅、列幅を微調整する事もあります。
 (あんちっく側で行うので、特に気にしなくてもOKです♪)


<アイデアの連絡先>
あんちっくメールアドレス:antic■■akira@power.odn.ne.jp
(■■は迷惑メール対策です。■■を削除してください。)

件名:【あんちっく製造委託】ゲームの題名
として、メールをお願いいたします。
(返信が遅れる場合もありますが、ご了承お願いいたします。)


<NG項目>
あんちっくで商品化する訳ではないので、NG項目はありません。
ただし、明らかな著作権違法となるコピー商品製造は法律上NGとなります!(^^;)



<あんちっくの特徴と弱点>

1.カードの種類は以下のとおりです。
 マイクロミシン目の入ったA4サイズの紙であり、購入者が切り離して遊びます♪(^^;)
 なお、紙カードなので痛みやすいため、予備カードをつける場合もあります。

 【カードの大きさ】 
   (1)91X50mm(名刺サイズ91X55mmより少し小さいです。)(基本サイズ)
          (A4サイズの紙からは12枚取れます。)(名刺入れに収納可能)

   (2)65X44mm(A4サイズの紙からは18枚取れます。)(小サイズ)


 【印刷可能範囲】
  カード外周に2mmの余白が必要となります。
  印刷精度、マイクロミシン目精度により
  カードに対して最大1mmほど印刷位置がズレるので、
  これを吸収するための余白となります。

 【カードの裏の色】(ベタ塗り)
   ●黒カード→山札用。
         手札としては、カードの後ろから強い光を当てると透けるので、
         気になる場合は「手札用カードホルダー」という黒紙で隠します。
         (あまり気にならないという声も多いです…)
   ●赤カード→表示用。(山札時ぼんやり透ける)
         (表の絵が赤一色ならば、山札に使えるかもしれません。(^^;))
         
(追加生産しません!在庫切れ次第終了します。)
   ●白カード→表示専用のカード
(要望多数ならば追加検討します!)
         (商品のコストダウンに貢献します。)
         (両面への印刷が可能です♪)


A4サイズの紙→→→→→→折り曲げれば切り離せます→→手札時は「手札用カードホルダー」使用!
(「手札用カードホルダー」は下を折り曲げてあり、カードを折り曲げ部分に載せて使います♪)

2.カード以外
 最終商品は基本的にはA4サイズとなります。
 商品はA4サイズのビニール袋に入っています。
 カード以外としては、A4サイズの紙、画用紙、厚紙、サイコロ(12mmサイズ)などがOKです。
 (紙をφ19mm、φ22.2mmの円形に打ち抜き駒やコインなども作れます♪)
 カード収納用のチャック付きビニール袋も用意できます。
 それ以外が必要な場合は、別途相談させてください。。(^^)
 (例:駒ならば、紙を折って作ったりしています。紙の固定に事務クリップが使えます。)

商品A4サイズ(表)→→→→商品A4サイズ(裏)→→→→→チャック付きビニール袋2種&駒♪

「サイコロ」と「あんちっくコイン」
(現在の「あんちっくコイン」は手作り状態なので、大量生産できません…
大量生産可能なタイプを現在検討中です♪)

4.カードの完成度が低い
 カードは名刺みたいな紙なので、扱いによっては、痛みやすいです。
 また、印刷は、主に家庭用プリンターで印刷しており、発色がイマイチな場合もあります。
 (コスト都合により純正インク/非純正インクが切り替わります!)
 さらに絵を「あんちっく」にお任せすると、素人の手書きになります!\(^^;)
 (商品情報を見ると、絵のレベルはだいたい分かります。)

7.カードの画質が少し悪い?
 誰でも簡単に絵が書けるようにと、
 ビットマップの絵をEXCELに貼付してPDF化して印刷データとしています♪d(^^)
 (このため、「イラストレーター」などの専門ソフトは不要です。)
 (EXCELに貼付可能ならば、ビットマップ以外のデータもOKです。)
 ただし、この方法弱点がありまして、
 PDF化などの際に画質劣化したり、解像度が200dpi(推定)に劣化したりするみたいです。
 しかし、発売済み商品のカードを見ていただければ分かる通り、
 ほとんど気にならない程度です♪d(^^)
 画質、解像度まで気にする場合は、要注意となります!

8.カードの反り問題
 濃い色のベタ塗りをすると、
 カードが少しだけ反る事が分かりました…。
 一応、グイッと逆方向に曲げれば問題なく遊べます…♪(^^;)